YAMAPとヤマノススメがコラボしたけど、ヤマノススメって何?という方へ。

突然ですが、YAMAPがヤマノススメというアニメとコラボをしました。

アニメの作中のポイントが出てくる巡礼マップをアプリで公開しています

地図の使い方はこちら

と、ここまで話をしておいて今更かと思われるかもしれないですが、そもそもみなさんはヤマノススメというアニメをご存知でしょうか?

知らなかったそこのあなた。アニメなんて見ないぜと仰る山屋の方。。。騙されたと思って、この記事の続きを読んでみてください。

山が好きであれば、きっとこの作品の魅力を分かってもらえるはずです。

ヤマノススメとは?

ヤマノススメの原作は、アース・スター エンターテイメントが発行するコミックス。内容としては、女子高生による登山をテーマとしています。

原作コミックスはこちらから

「女子高生 × 登山?あぁ、どうせよくある萌え系のヤツでしょ?」

と、思われるかもしれませんが、とんでもなありません。このアニメ、ちゃーんと登山をしています。

ヤマノススメの魅力

ヤマノススメは、普通の女子高生のあおいが、登山好きの幼馴染ひなたに誘われるがまま山の世界に入っていくというストーリー。初めは埼玉県の天覧山(主人公たちの住まいは飯能周辺です)のような低山から始まり、あおいはちょっとずつステップアップしていきます。

キャラクター

様々な登場人物が出てきますが、主要なキャラクターは5人。

あおい(CV. 井口裕香)

本作の主人公。はじめは登山に苦手意識を持っていたが、登っているうちにだんだんとその楽しさを知っていく。根本は負けず嫌い。だが、山できつくなると「もうやだ」と弱音を吐いてしまうこともしばしば。女子力は高い。

ひなた(CV. 阿澄佳奈)

とにかく明るい性格だが、気配りもできるあおいの相棒。アウトドア好きの父親の影響で登山をはじめ、高校で再会した幼馴染あおいを山に誘った。意外と学校の成績が良い。

かえで(CV. 日笠陽子)

あおいたちのお姉さん的存在。北アルプスを縦走するなど、山の実力はかなりのもので、単独行を好んでいる。あおいたちには山に関するアドバイスを行ってくれる。山が好きすぎて、それ以外のことは無頓着なものが多い。実はカナヅチ。

ここな(CV 小倉唯)

みんなの妹的存在。まだ中学生。しかし、その能力はかなりのもので、他のメンバーがバテてしまう山行でもケロッとしていることが多い。博学で料理なども上手い一方、ファンシーな妄想を膨らませることもある。

ちなみに、YAMAPのCMは、ここな(小倉唯)さんに依頼させていただきました。

ほのか(CV. 東山奈央)

 

山で写真を撮ることが大好きな少女。あおいたちとは谷川岳で知り合う。口数は少なく、人付き合いが得意なタイプではないが、あおいたちと一緒に登山に出かけることも。ここなのことを(被写体としても)とても気に入っている。

ちゃんと登山している。ちゃんと

ヤマノススメ、すごくちゃんと登山をします。それも、初心者の登山から経験者向けの登山まで。誰しもが歩むステップをきちんと踏んでくれるのです。初めての登山、初めての小屋泊、初めてのテント泊。初めての冬山。。。素敵。

もちろん、山にいるシーンだけでなく、道具を買いに行ったり、登山の計画を立てたりと、事前・事後のキャラクターたちの行動もきちんと描いてくれているので、「分かる!」「あるある!」のオンパレードなのです。

初心者の方が見た場合は、同じ轍を踏まないための勉強になるのではないでしょうか。

自然の描写が綺麗で丁寧!

作中に出てくる山の風景はとても綺麗で、忠実に再現されています。制作サイドのロケハンがしっかりとしているからでしょう。

飯能アルプスに実際にある、とある石垣

私、絵コンテを見させていただきましたが、シーンに出てくるポイントはかなり具体的に示されていて驚きでした。

筑波山の登山口

このアニメを見たあとに、あおいたちが登った山を歩いて想いを馳せるのも良いですね。アニメ界隈ではよく聖地巡礼と言われていますが、ヤマノススメの場合は同時に自然を満喫できる一石二鳥の巡礼になるかと思います。

実際、YAMAPにも巡礼をした活動記録をあげている方が結構いらっしゃいます。

ちょうど良い塩梅の15分間

普通の深夜アニメは30分が主流ですが、ヤマノススメは15分構成。

15分の中でテンポ良く話が進んでいくので、通勤や通学の間でもサクッと見れちゃいますね。

短いアニメといえば5分くらいのアニメもありますが、それだと少し物足りない。長すぎず短すぎずの15分は、お山にお仕事に忙しい方にとってとっても嬉しい塩梅です。

視聴時間に対する満足度のパフォーマンスの良さは、さながら手軽に絶景が見える低山のようです。

この作品には愛が溢れているんです

この作品には愛が溢れていると思います。あおいたちの住む飯能(都心から50kmほど)でリアルのファンイベントを開いたり、実際にアニメの登場シーンを巡る人が大勢いたり、それを温かく迎える地域があったり、このアニメをきっかけに登山を始める人がいたり。。。

サードシーズンまで続いていることが、この作品が愛されている何よりもの証拠です。また、ファンに愛されているだけでなく、制作サイドからも愛されているなぁと感じます。

例えば、サードシーズンのオープンニングでは、一期・二期に出てきた山が登場します。あおいがお母さんを誘った美ヶ原や、あおいだけ山頂まで登れなかった富士山。そして、みんなで行った谷川岳。。。視聴を続けていた人の多くは、この瞬間ニヤリとしたのではないでしょうか。

オープニングのワンカット。谷川岳は二期の後半で登った山だ

この演出に、制作サイドの愛をとても感じました。キャラクターや過去の山、そしてファンを大事にしているなぁと。

一話を生み出すのに多大な労力がかかるアニメ。そんな大変な創作の中で、こうした心を持ってものづくりをしているというのは、本当にすごいことだと思います。

そんなヤマノススメ サードシーズンですが、ネットで最新話を常に無料で見ることができるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

TV放送の情報はこちら

画像の著作権は全て(C)しろ/アース・スター エンターテイメント/『ヤマノススメ サードシーズン』製作委員会

巡礼マップについて

巡礼マップは順次リリース予定です。リリース情報はこのページやYAMAPの公式Twitterなどで行って行く予定です。

地図の使い方はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

Sakimura Kota

YAMAPのPR/プロモーションを担当。山では写真と映像を撮ることに燃えている。独自プロジェクト「やまポトレ」を運営中。登山以外では、アニメやバスケを愛する一児の父。 / やまポトレ → https://yama-portrait.com/