大自然をゆっくり歩く。登山とはちがう、阿蘇で見つけたあたらしい山の楽しみ方。

最後に自然の中を歩いたのは、一体いつだったでしょうか?

天気の良い日に外を歩くことって、とても気持ちが良いですよね。

私たちの生活の身近には、たくさんの道があります。何気なく歩くその道には、人と自然との時代の移り変わりが隠されてもいます。

そんな昔からある道を、新たな発見のあるコースとして魅力のあるものにしていく。そんな動きが、実は九州・阿蘇地域で盛んになっているのです。山登りのようなハードなものはちょっと…。という方にも気軽にチャレンジできるようなコースばかり。ぜひこの夏は、阿蘇の大自然を気軽に歩いてほしいと思います。

今回YAMAPスタッフも、実際にコースのひとつを歩くことに。ドライブのイメージが強い阿蘇ですが、歩きの目線から見てみると、今まで見れなかった阿蘇と出会うことができました。

九州・阿蘇のうぶやまの草原を歩く

訪れたのは、阿蘇とくじゅう連山に囲まれた自然豊かな熊本県産山村。 広大な草原と豊かな水が溢れるこの村には、夏には瑠璃色に咲くヒゴタイという貴重な花も咲きます。

ここ産山村には、3つのトレッキングコースがあります。それぞれコースをクリックすれば、YAMAPの地図を確認できるので、ぜひチェックしてみてください。

草原の村・うぶやまトレッキング ヒゴタイ公園と山野草コース

草原の村・うぶやまトレッキング 山吹水源と扇棚田コース

草原の村・うぶやまトレッキング 池山水源と見晴らしコース

本日は、「草原の村・うぶやまトレッキング 池山水源と見晴らしコース」を歩いていきます。

阿蘇のカルデラから湧き出る全国百名水

スタート地点の駐車場近くには、全国百名水に選ばれている「池山水源」があります。毎分30トンの湧き水が出ているというから驚きです。

厳かさな”池山水源”は秘境のよう

こんなに美味しい水で生活している、地域の方々が羨ましい…。

歩いてるだけで気持ちが良いですね
遠くに”阿蘇五岳”を望みます

360°のパノラマが広がる牧場を抜けると、遠くに阿蘇が見えます。

歩かなければ見れないこの大草原は、まさに絶景。奥に見えるのは、くじゅうの山々です。

運が良ければ”あか牛”が近くに寄ってくるかも?

全長8キロほどのコースでしたが、美しい自然を眺めながら歩くとあっという間にゴールに到着。 重たい荷物も必要ないので、疲労感もありません。こんなにも手軽にスケールの大きな自然を楽しめることができ、大満足の時間になりました。

産山村には3つのトレッキングコースがありますが、これとは別に阿蘇全体にはフットパスという名称で歩いて楽しめるコースが14コースもあります。

地元熊本の大学生たちが阿蘇のフットパスのコースを紹介しているサイトがあるので、ぜひ覗いてみてください。

Kumarism(くまりずむ):阿蘇のフットパスコースの紹介

またこれらの14コースの地図も、もちろんYAMAPにすべて無料で地図が用意されています。フットパスを歩いてみたい、どんなコースか気になるという方は、ぜひ地図をダウンロードしてみてください。

阿蘇のフットパスコース:地図のダウンロードページ

※「フットパス」とは、イギリスで発祥した『地域に残るありのままの風景を楽しみながら歩く(Foot)ことができる小径(Path)』のこと。

なぜ、阿蘇とヤマップなのか

昨年10月、ヤマップは阿蘇地域復興デザインセンターと包括連携を結びました。

登山アプリNo.1のヤマップが、DMOの阿蘇地域振興デザインセンターと包括協定を締結

ヤマップは福岡に本社を置いており、九州からアウトドアを盛り上げる、という思いももちろんある中で、私たちには特別な思いもあります。

2016年4月14日、福岡県の隣の熊本県で、最大震度7を観測する大地震が発生しました。阿蘇地域でも被害は大きく、現在もその爪痕は残っています。 山が大きく崩れ、地形が変わり、道が断絶された場所もあります。美しい自然が、甚大な被害を受けてしまいました。

都市と自然をつなぐという、アウトドアをフィールドにした私たちヤマップとしても、この事態に一体何ができるのだろうと考えました。

その結論は、やはりひとりでも多くの方に、熊本へ、そして阿蘇へ行っていただきたいという思いでした。

地震の被害があれど、そこには確かに美しい自然があり、人々の生活があります。そこが山であろうと、街であろうと、直接歩き、いい場所だったねと、実際に五感を通して体験してもらいたい。だからこそ私たちは、登山だけじゃなく、歩きを楽しむ地図を作りました。

そして、この取り組みを足がかりにして、様々なアウトドアを生み出し、阿蘇からこの九州全体、日本全体を盛り上げていきたいと思っています。

外に出て、旅をするように道を歩き、自然を全身で感じること。そんなあたらしい山の文化も、ヤマップはつくっていきたいと思っています。

ぜひ、阿蘇に行きませんか?

阿蘇には外輪山やドライブコースといったイメージが強いかもしれませんが、実は雄大な自然を気軽に堪能できる素晴らしい魅力がまだまだあります。

今回ご紹介したうぶやま草原トレッキングコースやフットパスのように、歩くということは、年代や性別を問わず、どんな方でも気軽に楽しめるはずです。

なにかを成し遂げることを目的とするのではなく、歩くという行為そのものを目的とした新しい旅のスタイル。ぜひあなたも、阿蘇の大自然を歩いてみてはいかがでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

コーマ

YAMAP初の新卒採用。世界一周しました。南米パタゴニアが好きです。