カッコいい、可愛いだけじゃない。一工夫、二工夫凝らした「YAMAP × graniphコラボTシャツ」がリリース。

YAMAPがgraniphとコラボレーションしたTシャツが、7/25より全国のグラニフストアにて発売される。(すでに購入可能!)

このTシャツ、どうやらただのTシャツではないようだ。

そもそも、Tシャツを白いキャンバスと見立てて、その上に“デザイン”をするという考えを持つグラニフ。

そんなTシャツにさらなる工夫とは、一体どういうことだろうか。キーワードはDIY、御朱印。。。

その秘密は後に明かすとして、まずはリリースに先んじて、7/17にGINZASIXのWeWorkで行われたリリースイベントの様子を交えながら簡単にTシャツの全容を紹介しよう。

山旅日記でもお馴染み、山の日アンバサダーの藤田可菜さん

カッコいいから可愛いまで。Tシャツは全部で3種類

今回リリースされるTシャツのデザインは3種類。数十種類あったデザイン案から選ばれた秀作たちが揃っている。

3種のデザイン正面

背面は全て同じで、全国の山が並んでいる。これは一体? 

イベント当日は、これらのデザインのお披露目がなされ、参加者には好きなTシャツがプレゼントされた。

富士山のルートをクールにあしらったデザイン

どこまでもゆるいピッケル。グラニフでも人気のある系統のデザインだそう。

登山靴の紐をザイルに見立てたデザイン。シャツの後ろ側には、この紐を掴む人の姿が隠れている。

ゲストの藤田可菜さんは、富士山のデザインを着用してくれた。

イベントの序盤は、山の日アンバサダーにも就任した藤田さんと、YAMAP代表の春山とのトークショー。

藤田さんが出演する山番組「山旅日記」の裏話や、今後の活動について、さらには登ってみたい山など、話題は多岐に及んだ。

その中では参加者との交流もあり、九州の山ばかり登っている藤田さんに「関東で登って欲しい山は?」というお題に対して、会場からは真っ先に八ヶ岳の名前があがっていた。

トークショーの終盤には、グラニフのデザイナー西氏が、デザインのポイントを解説。

今回の3つのデザインには入らなかった浮世絵モチーフの存在や、ピッケル誕生秘話などが明らかになった。

また、後で解説するTシャツのバックプリントについても詳しい説明がなされた。

ステンシルでDIY!自分だけのTシャツに

今回のTシャツには、いくつか面白い仕掛けが施されてある。その一つが、ステンシルプリントによる装飾だ。

藤田さんがイベントで着ているTシャツにカラフルなプリントがあることに気が付いた方も多いだろう。

グラニフのストアでコラボTシャツを購入すると、専用のステンシルシートがついてくる。そのシートと布用インクを使って、Tシャツにオリジナルのデザインを施すことができる。Tシャツ自体のデザインがシンプルな理由は、このプリントのための余白をつくっているからだ。

詳しい遊び方は、グラニフのページにて

「Tシャツは日常から身につけるもの。自分だけのデザインを施して、愛着を持ってもらえるといい」

YAMAP代表の春山はそのように語った。

イベントでは、藤田さんや参加者がステンシルプリントを体験し、大いに盛り上がった。

色を決める。形を決める。プリントする位置を決める。そして、塗る。

単純な作業ではあるが、これが意外と難しい。

イベント前に体験をした藤田さん。その表情は、真剣そのもの。もともと建築を学んでいたという藤田さん、立ちながら机に向かう姿がやたら様になっていた。

色を品定め中

いざ、プリント

出来上がりも上々

参加者のみなさんもグラニフのスタッフに従って、ワークショップ形式でステンシルを体験。

わいわいと賑やかに、自分だけの一枚をつくりあげていた。

思わず藤田さんも吹き出す独創的なデザインも

御朱印的、スタンプラリー的なTシャツ

バックプリントの山の名前は何だろうと思った方も多いだろう。察しの良い方はもう気がついているかもしれないが、このTシャツは御朱印帳やスタンプラリーの台紙のように使うことができる。

利用方法はシンプル。背面にある全国の山々を登頂した際に、ステンシルで印をつけていくだけだ。Tシャツを使った、YAMAPらしい遊び方だ。

背中の山々は、YAMAPがセレクトしている。各地方を代表する山を揃えているので、ぜひコンプリートを目指して欲しい。

全ての山にチェックが入ったら、何かしら特典があるとかないとか。。。(正式に決まったらアナウンスします)

すでに半分以上踏破している参加者も

最後に記念撮影をして、無事にイベントは終了。

今回のコラボレーションは、7/23までYAMAPにて開催されていた「YAMAP国立・国定公園フォトコンテスト」とも連動をしている。

このコンテストの入選作品は、8/10からグラニフの原宿ギャラリーにて展示される。さらに、大賞作品はグラニフのTシャツとして商品化される予定だ。こちらの展開からも目が離せないところだ。

Tシャツの情報とあわせて、グラニフの特別ページをチェックして欲しい。

コラボレーションTシャツについて

  • 商品名:YAMAP × graniph コラボレーションTシャツ
  • デザイン:3種(クライミングルート、ピッケル、シューレースクライミングロープ)
  • サイズ展開:SS,S,M,L(ユニセックス)
  • 店舗価格:¥2,500(税抜)2枚で¥4,000(税抜)
    オンラインストア価格:¥2,000(税抜)※¥5,000未満は送料負担
  • 発売日:2018/7/25
  • 販売:グラニフ店舗・オンラインストア

グラニフの店舗リストはこちら
オンラインストアはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

Sakimura Kota

YAMAPのPR/プロモーションを担当。山では写真と映像を撮ることに燃えている。独自プロジェクト「やまポトレ」を運営中。登山以外では、アニメやバスケを愛する一児の父。 / やまポトレ → https://yama-portrait.com/