これからの登山文化をつくるメディア

山登り基本のキ #01 | 登山計画の立て方

人気登山ガイドの菅野由起子さんが教える「山登り基本のキ」。登山初心者だけでなく山に慣れたかな、という方も改めて確認しておきたい基礎知識を紹介します。第1回は「登山計画の立て方」。計画をきちんと立てるかどうかで登山の安全性や楽しさは大きく違ってくるようです。

「旅は自由に、行き当たりばったりがいいよね。」という人もいるでしょう。でも、山登りでそれはどうでしょう? 登山計画書は、山登りを安全に楽しむために欠かせない設計図です。テレビで観て、山岳雑誌で読んで、SNSの投稿で知って。「あの山に登りたい!」という目標が決まったら、そのための設計図を作っていきましょう。

菅野由起子

登山ガイド

INDEX

STEP1:コース選択と情報収集


まずは情報収集から。どのルートから登るのか(同じコースを往復するのか、それとも縦走するのか)、技術や体力の困難度はどうか、季節的な要素(例えば残雪の有無)の確認、登山口までの交通手段も登山計画を立てる際の重要なポイントになります。
ある程度コースの大枠が決まったら、登山道の情報を集めます。ガイドブックや登山地図から得られる情報をベースに最新情報で肉付けします。山小屋が発信するブログやホームページ、SNS、そしてYAMAPの活動日記などからも最新情報を得ることができます。

STEP2:大まかな行程を考える


歩くコースが決まったら大まかな行程を考えていきます。

<トータルの行動時間はどのくらい?>

ガイドブックや登山地図に記載されているコースタイムには、休憩時間が含まれていません。休憩時間を含めた総行動時間を割り出します。私の場合、休憩はおおよそ50分に1回、5分から10分ほどの休憩を取るとして算出しています。

<トータルの行動時間を考えると、何時に登山口をスタートしたらいいのかな? 下山時刻は大丈夫?>

いま考えているアクセス方法を利用した場合、何時に登山口へ到着して歩き始められるのかを調べます。公共交通機関利用の場合、登山口によっては本数が少なかったり、週末だけや季節運行だったりするところもあります。トータルの行動時間と下山時刻のタイムリミット(最終運行時間や日の入り時刻など)から考えて、公共交通機関利用では難しいようであれば、自家用車利用で出発時間を早めたり、登山コースの短縮を検討します。出発時間や登山コースの変更が難しい場合は別の山で検討し直したり、日程にゆとりがあれば前日に麓まで移動しておくというのもひとつの方法です。

STEP3:安全対策を考える


登山の行程が決まったら、トラブルへの対応策を練ります。

<どんな装備を持っていく必要があるのかな?>

無積雪期の日帰り登山の基本装備については、この連載の#2「必要な装備と選び方」で紹介しています。それをベースに、気温や天気、季節などの要素や、例えば雪渓の通過があるからアイゼン、岩場があるからヘルメットが必要かどうかなどコースの上の要素から装備を選択します。登山地図に<展望良い>と書いてあるところは、「好天なら気持ちが良さそうだけど、悪天時は風の影響をうけるかも」とか、<樹林帯>とコメントがあれば、「風雨の時は避けられるけど、逆に風が通らないから暑そうだ」などと推測することができます。コースの要素と天候などの要素を兼ね合わせて、装備を用意します。

<エスケープルートは?>

天気が急変した、体調が悪くなってしまった、思ったよりペースが上がらなかったなど、何かトラブルが発生して計画通りに登山が続けられなくなった場合に、当初の予定を変更して下山するための退避ルートのことをエスケープルートと言います。エスケープルートがあるか、その道の状況(安全なのか)を調べておくと、いざという時に安心です。また、道中のポイントでタイムリミットを決めておき、その時間までに辿り着けなかったら引き返すというのもエスケープルートのひとつです。

STEP4:登山計画書を作成・提出する

ここまで決まったら、それを登山計画書として形にします。改めて形にすることで、不備・不足に気づくこともあります。山に入る前の最終確認として慎重に行いましょう。

<登山計画書を作成します>

登山計画書は、必要な項目を満たしていれば自前で作ってもいいですし、登山山域を管轄する警察のホームページから書式をダウンロードすることもできます。また、最近はインターネットを使って、必要項目を選択する形式で漏れなく手軽に作成できるようになりました。なお、YAMAPでも登山計画書を作ることができます。<YAMAP登山計画書リンク

<登山計画書を共有します>

作った登山計画書は、自分自身、登る山を管轄する警察、緊急連絡先(家族や職場の人など自分の普段の生活において一番身近にある人)で共有することが大切です。

<登山計画書はどう役立つのでしょう?>

○自分自身としては
登山計画書の装備表は、ザックに荷物を詰める際に忘れ物がないかのチェックに使えます。また、行動中は「自分が立てた行程通り順調に進んでいるかな?」「 エスケープルートを使って行動予定を変更した方がいいかな?」など、落ち着いて判断するための行程書としても役立ちます。

○警察としては
遭難などのトラブルが発生した場合に、自分がいる可能性のエリアをおおよそ特定して迅速に捜索してもらうためには、登山計画書からの情報がとても重要になります。

○緊急連絡先としては
緊急連絡先とは、家族や職場の人など自分の普段の生活において一番身近にある人です。怪我や道迷いなどトラブルが発生した場合、携帯電話が通じれば自分で警察にSOSを発信できますが、山中だと圏外の可能性も十分考えられます。本人が警察に連絡できない場合、代わりに救助を要請してくれるのが緊急連絡先を引き受けてくれる人になります。警察は「救助要請」を受けてから捜索をスタートします。迅速な救助に繋がるためにも、緊急連絡先の人に登山計画を伝えておきましょう。

イラストレーション:神田めぐみ
トップ画像:dashさんの活動日記より

菅野由起子

登山ガイド

菅野由起子

登山ガイド

シュラフに寝てみたくて20歳の時に社会人山岳会に入会。ハイキングに始まり夏山縦走、沢登り、岩登り、雪山登山、海外遠征とさまざまなジャンルを経験。そのまま山好きが高じて山岳雑誌出版社、登山用品店勤務を経て、2007年より登山ガイド業をスタートする。現在、新潟県の上越妙高をベースに活動する。登山ガイド事務所・カンスケヤマガイズ主宰、妙高マウンテンスクール所属。公益社団法人日本山岳ガイド協会認定・登山ガ ...(続きを読む

シュラフに寝てみたくて20歳の時に社会人山岳会に入会。ハイキングに始まり夏山縦走、沢登り、岩登り、雪山登山、海外遠征とさまざまなジャンルを経験。そのまま山好きが高じて山岳雑誌出版社、登山用品店勤務を経て、2007年より登山ガイド業をスタートする。現在、新潟県の上越妙高をベースに活動する。登山ガイド事務所・カンスケヤマガイズ主宰、妙高マウンテンスクール所属。公益社団法人日本山岳ガイド協会認定・登山ガイド。