これからの登山文化をつくるメディア

【今週末が見頃!】紅葉登山情報 2019/10/25

YAMAP MAGAZINE 編集部

INDEX

引用:いけしんさんの活動日記より

こんにちは。YAMAP MAGAZINE 編集部のオノデラです。登山歴は約9年。写真を撮りながらゆっくり登り、山小屋で1泊するのが好きで、下山後の温泉も楽しみにしています。

さて、もう秋がやってきましたね。全国各地から紅葉登山の便りが届いています。今年は気温が高かったせいか、例年より紅葉が遅れ気味。まだまだ紅葉を楽しめそうなエリアも多いようです。

今回は、直近のYAMAPの活動日記に投稿された中から、私が(独断と偏見で(?))選んだ「今週末にでも行ってみたい!」とワクワクした8つの山をランキング形式でご紹介します。

今週末の紅葉登山 オススメランキング 〜日帰りでも楽しめる山編〜

山頂周辺の紅葉は終わりかけですが、那須岳ロープウェイ付近は紅葉が楽しめます。日帰りなら、主峰の茶臼岳を経て、朝日岳までの往復がオススメです。駐車場が満車になることもあるので、朝は早めの出発を心がけて。

曽爾(そに)高原といえば、夕日に映えるススキが美しいことで有名ですね。今はススキにも少し緑色が残っているようで、草紅葉の最盛期まではまだ2週間はかかりそうなイメージ。でも、逆にそれが新鮮で気持ちいい感じが伝わってきたので、ランクインとしました。

四国で紅葉といえば、石鎚山を外すわけにはいかないでしょう。ただ、山頂付近の紅葉が終わりかけているようなので、少し順位を落としました。麓はまだ紅葉が楽しめそうです。以前私が登ったときには、天候が急変し「ひょう」が降ってきたので、ネックウォーマーなどの防寒対策はしっかりと。特に、下りの階段で手すりを掴むときにも、手袋があった方が手が冷えずに済みます。

登山道は紅葉の最盛期。あだたら山ロープウェイ周辺も鮮やかに色づいています。東北の秋は一気に進むので、タイミングが合えば最高の紅葉に出会えそうです。天気の良い日には、ダイナミックな山肌の色と青空のコントラストが美しく、写真映えのする景色になることでしょう。

活動日記を見ると、1500m付近は紅葉のピークのようです。黄色に染まった森の中を歩くのは最高に気持ち良さそうですね。「笹平」に立てば、緑の笹に囲まれながら、山頂に向かって開放感のある稜線歩きを楽しめます。

磐梯山の紅葉は、黄色と赤色の紅葉が太陽に照らされてまぶしく輝いています。登頂のご褒美として、眼下に猪苗代湖も眺められる雄大なロケーション。裏磐梯や温泉を楽しめるなど下山後の立ち寄りも充実しています。登山の際は、必ず熊除けの鈴を付けましょう。

8合目より上は木道になっており、風が強いことも多いです。ちなみに、伯耆大山は私が登山を始めて最初に登った山でもあり、もっとも思い入れがある山のひとつです。一歩ずつの段差が大きいので、膝を痛めないよう、ストック持参をおススメします。

九州で「紅葉登山」といえば、九重の大船山を真っ先にイメージする人も多いのではないでしょうか? 御池の紅葉と、それを映す池を目当てに、週末には多くの人が登りそう。この時期、駐車場も混雑しやすいので、早めの出発を心がけたいですね。時間に余裕があるなら、法華院温泉山荘に1泊し、翌朝、朝日に照らされた草紅葉の道を歩くのもオススメです。


※このランキングは、今年の活動日記と照らし合わせた上で、YAMAP Mag.編集部のオノデラが独自の視点で作成しました。

※YAMAPユーザーのみなさんからの活動日記をもとに編集していますが、紅葉は風や気温などによって刻一刻と変化しますので、必ずしも同じ状況で紅葉が見られるわけではないことをご了承ください。

※山小屋やロープウェイ・バスなどを利用される場合は、営業期間や営業時間にもご注意ください。必ず事前に調べるようにしましょう。

※自然災害等で通行止めになっている場合もありますので、登山道の情報も事前に確認しておきましょう。


登山保険のお知らせ(1日単位で加入できます)

秋の紅葉を楽しむ登山シーズンの到来。この秋はどこの山に行くか決めましたか?

秋の登山は、夏山と違って日照時間が短く、さらに落葉で道が不明瞭になりがちなため、道迷いのリスクも高まります。いざというときに備えて、エマージェンシーシートや、少し多めの行動食の用意など、念には念を入れて持ち物の準備をしましょう。特に忘れがちなのが、ヘッドランプです。「日帰り登山だから」と思って持っていくのを忘れてしまうと、いざ道迷いで日没後に行動する必要がある場合に困ってしまいます。

もちろんそうならないためにも、行動中はYAMAPアプリも活用して、登山ルートから外れていないか、ときどき確認をしましょう。

「安心安全に登山・アウトドアが楽しめる仕組みをつくる」を企業理念に掲げているYAMAPでは、秋の登山こそ万が一の際の備えが大切だと考え、登山の際には、登山保険への加入を推奨しています。1日単位・1ヶ月単位でも加入することができる『YAMAP 登山ほけん』を、ぜひご検討ください。

ぜひ、安全な山旅で、素敵な紅葉を楽しんでくださいね。

登山保険のご加入はこちらから⇒https://yamap.com/insurance

登山保険がリニューアル。今だけ30日分プレゼントキャンペーン中(2019/4/30まで)

『ツルギジャケットKB』のお知らせ

汗抜けの良さと機能美を追求したら、軽量普段使いもできるジャケットができました!

これからの時期の登山は、どうしても道具がかさばりがち。また、登りにかいた汗を冷やさないようにする工夫が必要です。そこで、今回、YAMAP STOREが最もオススメしたいのが、秋冬のハイキングや登山、スノーシューやスキーまで幅広く使える一着として、道具ツウからも多くの支持を集めている『ツルギジャケットKB』です。

防水性防風性はもちろん、ベンチレーション機能があることで、快適性がアップ耐久性と同時に、行動時のやわらかさも兼ね備えているので、山での行動はもちろん、普段の街中でも存在感を示します。

商品詳細およびご購入はこちらから⇒https://store.yamap.com/blogs/feature/tsurugijacket

YAMAP STORE

 

YAMAP MAGAZINE 編集部

YAMAP MAGAZINE 編集部

YAMAP MAGAZINEの編集部です。